コラーゲン他、コンドロイチン・ヒアルロン酸などなど、美容のためばかりでなく、足腰が痛くて困っている人に盛んに利用されています。そして各メーカーさんがそんな人達に対応して、たくさんの種類のサプリメントや健康食品を売り出されています。

たくさんあるだけに迷ってしまいますが、それぞれのサプリメントが使用している原料などみんな違いますから、使われている原料や効能書きをよく読んで、正しく使いたいものです。私のような頑固者は、健康や綺麗な肌はサプリメントに頼っていてはダメと思って、最近までは健康食品やサプリメントには頼らずにきました。しかし、還暦にもなると衰えた体は自分の頑張りだけではどうにもならなくて、健康食品やサプリメンテを飲むようになりました。飲んで楽になって思ったことは、やはり「効く」ということでした。だったらもっと早くから無理をせず飲んだ方が得だったかな?なんてちょっと後悔しています。

人間の身体は「25歳はお肌の曲がり角」なんて言われますが、25になるまえ、20歳からすでに老化は始まっているのですから、充分な睡眠、バランスのある栄養、適度な運動で健康を保つとともに、肌荒れや、体調がおかしいと思ったら、無理をせず健康食品やサプリメントを利用することをお勧めします。

よく、健康食品やサプリメントは飲んでも効かないなどと言われますが、それは違うと思います。高価な医薬品だってその人に合わなければ効かないどころか害になります。でも、だからといって「薬は効かないから飲まない」とはなりませんよね。合う薬を探します。サプリメントも、他の人が効かないからと言っても自分に効かないとは限りません。間違った風評だけを信じて、せっかくの効き目のあるものを飲まずに遠ざけていてはもったいなく思います。

綺麗になりたいというのは、女性なら誰しもの願いです。「色の白いは七難隠す」と昔から言われてきました。色が白い=肌が綺麗は美人に見えるものなのです。お化粧してもあまり変わらない人に、まるで変ってしまう人がいますが、肌が汚い人の方が大きく変わってしまします。それはお化粧で肌の汚いのを隠してしまうからです。

ユーチューブで、「ここまでお化粧で変わってしまうのか!」というのを流していました。ビフォーアフターの音楽と共にお化粧を次々としていった女性の仕上がりは、見事な美しさで唖然としてしまいました。肌の汚さを化粧で隠してもそれなりに綺麗には見えます。しかし、綺麗な素肌に綺麗にお化粧した美しさには負けると思います。

コラーゲンはそんな素肌美作りの役にたってくれます。しかし、綺麗になるには継続が必要です。習慣が大事なのですが、コラーゲンを飲み始めて効果が現われはじめると自然に続けられるものです。そんなコラーゲン美人がたくさんいます。

コラーゲンは美容だけでなく、膝の痛みや体の不調も救ってくれるサプリメントです。膝の痛みをやわらげるために飲み始めた私の肌も、以前よりしっとりとしています。